よくある質問

スラット(羽根)の幅はどのように選んだらよいですか?

一般的に住宅で使われているブラインドの羽根はアルミ製で、15mm幅のものと25mm幅のものがありますが、最近では50mm幅のものも登場しています。

15mm幅のブラインドは、見た目が繊細な感じがして、比較的小さい窓に合います。25mm幅のブラインドは、スタンダードなタイプで、大きめの窓でも大丈夫です。50mm幅のブラインドはよりインテリア性を強調したオシャレなタイプです。

一般的に遮光性(外からの光の漏れ具合)や、遮蔽性(外からの視線の届き具合)は、羽根幅が広い方が方が優れています。見た目は好みもありますが、羽根幅が細い方が柔らかい感じがし、広い方がしっかりした感じになります。
一方、羽根幅が広い方が羽根の枚数も少なく、羽根もしっかりしているので、お掃除は楽でしょう。

最近では、アルミの羽根のブラインドの他に、木製の羽根のブラインドも普及してきています。天然木のナチュラルな質感が好評を頂いています。こちらの羽根の幅は25mmと35mmと50mmの3種類ですが、50mmが一番良く売れているようです。

スラット幅比較画像